青汁のメリットとデメリットを知ろう

青汁を飲む時には、青汁のメリットしか考えていません。
ですが青汁には限定的ですがデメリットがあります。そのことを考慮した上で、納得の上で飲むようにして下さい。

健康ブームの影響もあり、青汁を飲む人が増えています。
それに伴い市場には様々な種類の青汁が販売されています。
青汁と言えば、栄養価が高いため、栄養のバランスが整い健康や美容、青汁ダイエット効果の他、病気の予防など様々な効果が得られます。
メリットばかりのように思えますがデメリットもあるのでしょうか?

青汁のメリットについて

青汁のメリットは、手軽に栄養のバランスを整える事が出来ます。
なかなか食事だけでは、必要な栄養を摂取する事は難しいので、1日1杯青汁を飲む事で不足しがちな栄養素を補給する事が出来ます。

そのため健康効果、美容効果、ダイエット効果、病気の予防効果など、挙げればキリがないほど、様々な効果を得る事が出来ます。
主原料も野菜なので、薬やサプリを服用するのとは異なり、安全性も高く副作用なども心配もありません。
なのでデメリットなどなさそうに思える青汁ですが、どのようなデメリットが存在するのでしょうか?

青汁のデメリットについて

青汁は短期間で結果が出るものではありませんし、結果が出たからといって飲むのを止めてしまえばその効果が持続しません。
つまり、長期間にわたって継続して飲み続ける必要があります。
そのためお金がかかると思う人もいるでしょう。

青汁の相場は1ヶ月あたりで5000円前後です。
4人家族で青汁を飲めば、青汁代で月に2万円かかるとなると、家計の負担になるかもしれません。
ですが長い目でみれば、病気にかからず健康に過ごせる期間が長いので、病気の治療費などがかかりません。
また老後には介護費を削減する事が出来るかもしれません。
美容代も身体の内側からキレイになれるため、高額なスキンケア用品を使用しなくても若々しくキレイでいられるでしょう。

そして健康を損なうケースがありますが、これも非常に限られた状態の時だけです。
過剰摂取の場合は、腎臓が悪い人、血液凝固剤を使用している人は注意が必要です。

ただデメリットは限定的で、得られるメリットの方がはるかに大きいと言えます。

関連記事