ダイエットサプリで空腹感やリバウンドに負けないポイント

ダイエットサプリダイエットサプリを芸能人が試したケースでも、リバウンドで失敗する可能性はついてまわります。
ダイエットサプリの芸能人の使用例では、健康補助食品を使った成功体験談は華やかに見えませすが、
裏ではリバウンド対策の苦労があったかもしれません。

リバウンドが起きてしまうのは身体の恒常性を維持する上で自然な現象なので、ダイエットのやり方が間違っているわけではありません。
このリバウンド現象に応じて正しく対応できるかどうかで、成功が決定されるのです。

それは、人が満腹感を感じる仕組みに脂肪細胞が大きく関係しているからです。
脂肪が少なくなると、満腹感を感じる機能も当然弱まるため、代わりに飢餓感が目立ち始めます。
飢餓による危機感を抱くためには動物にとって自然なシステムなのですが、この反動によって主に食事制限で失敗しやすくなるのです。

脂肪燃焼をしたりカロリーを抑えるサプリがあるくらいだから、リバウンドを防ぐサプリもあるのでは?と期待する人もいるでしょう。
直接的にリバウンドを何とかできるわけではありませんが、食欲をコントロールしたり、緩やかな体重の現象によってそのリスクを抑えられる可能性はあります。

■無理のないダイエット目標を立てること

無理のないダイエットリバウンドが強くなるのは、短期間集中チャレンジなどで現実化ににかける目標設定をしていることも関係しています。
焦れば焦るほど体調に合わせた自然な食事管理が難しくなり、ますます飢餓感が煽られるとついに我慢の限界に達するという流れが多いです。

リバウンドにダイレクトにダイエットサプリが効くことはない以上は自分の計画力と実行力、我慢強さにかかっています。
まずは現実的な目標の設定から始まりますが、そのためには今の自分の体重と理想体重を正しく把握するのがポイントです。

無計画で慢性的に継続していても、達成感がないため最初の意気込みも容易に崩れてしまうでしょう。
リバウンド防止だけでなくモチベーションの維持のうえでも、明確な数値目標の必要性は大きいです。

少しでも理想体重に近づけばそれだけでも前向きさが増し、厳しい食事制限をして体に負担をかけるほどの焦りもなくなるでしょう。
体質的なものはどうしようもありませんが、気持ちの持ち方次第ではあっさりと体重の反動を避けられるのです。

適宜、食欲抑制系のサプリなども利用すると、だいぶ楽になることでしょう。
意思が弱い人ほど後々体重が増えるリスクは高まるので、第三者のサポートを借りたり、逃げられない環境下に身を置くなど、自分にあったセルフコントロールも試してみましょう。

ページ上部へ戻る